自律神経を調整

蜂の子は、自律神経を調整するのに非常にいい効果を発揮するといわれています。この自律神経とは、どういったものなのでしょうか。

自律神経とは

体の内部環境を調節している神経です。交感神経と副交感神経の2系統があり、交感神経は体を活動的な状態にするよう働きかけ、副交感神経は休息時などに働いています。
この交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかなかったりすると、自律神経が乱れて、体調が悪くなったりします。それがひどくなると、自律神経失調症と呼ばれる症状にまでなってしまいます。

蜂の子が整える

自律神経失調症になると、体調に変化が現れます。どこか体の内部に異常があるわけでもないのに、頭痛やめまいなどを頻繁に感じたり、不眠や、食欲がなくなったりもします
耳鳴りも、自律神経失調症の代表的な症状の一つ。耳鳴りや難聴の原因の大半は自律神経の乱れが原因だといわれています。さらに精神面では、鬱の引き金になるということもあるようです。

蜂の子には、この自律神経のバランスを整える作用があるといわれています体調不良のおおもとである自律神経に働くので、耳鳴りはもちろん、不眠やめまいも同時に軽減することが期待されます。

自律神経の乱れには、過度なストレスや不規則な生活・食生活なども関係しているといわれています。
これらのことに気をつけながら、蜂の子のサプリメントでフォローしていけば、自律神経失調症の改善にも大いに役立つのではないでしょうか。