更年期の悩みも改善

どの女性も避けては通れない問題、更年期。大体50代の女性に一番多く現れますが、早いと40代前半から、プレ更年期という形でも現れたりします。

更年期とは

若い女性の卵巣には、数十万個もの卵胞(卵子になるもと)があります。ですが、年を重ねるうちにそれは減少し、特に40歳前後を境に、激減していきます。
50歳になるころには数千個にまで減るといわれていますから、その減り具合はかなり急激なんです。そしてこうなってしまうと、卵巣自体の機能も衰えていきます。
すると、それまで卵巣から分泌されていたエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンの量も減少してしまいます。

女性ホルモンは、子どもを作るという機能だけでなく、さまざまな病気の予防にも役立っていることがわかっています。ですから、女性ホルモンが減ると、体調もかなりバランスを崩すことになってしまうのです。
さらに、脳下垂体からは、性腺刺激ホルモンといわれるものが分泌され、これがさらに女性ホルモンを乱れさせる原因に。この2つの影響で、女性の体はWパンチを受けているようなものなんです。

蜂の子の働きは?

女性ホルモンの減少によって、いろんな体調不良が起こるのですが、それらは更年期障害といわれています。更年期障害の症状は、非常に多岐にわたるのが特徴です。
急に暑くなってのぼせたように大量の汗をかくホットフラッシュ。手足がすごく冷えるようになる。頭痛。めまい。肩などのこり。また耳鳴りも多い症状です。
それから気分が落ち込む、鬱になるといった精神症状が強く出るのも更年期の特徴です。

実はこれらの体調不良は、更年期によって自律神経の働きが影響を受けて起こっています。なので、自律神経を整えれば、更年期障害も軽くできる可能性があるということ
更年期のケアにも、蜂の子が大いに役に立つのではないでしょうか。