耳鳴りの音の種類を知る

ここでは、耳鳴りの音の種類について解説しています。音の表現はさまざまですが、いくつかに分類することができ、原因もある程度推測することができるのです。

「他覚的耳鳴り」と「自覚的耳鳴り」

耳鳴りを感じている本人以外の人にも聞こえる耳鳴りを「他覚的耳鳴り」といます。

血液が流れる音や心臓の鼓動など、普段は気づきませんが人の体の中にも「音」はあります。体になんらかの異常があると、聞こえないはずの音が聞こえてくる場合があるのです。

反対に「自覚的耳鳴り」は、他人には聞こえず自分にしか感じない耳鳴りのことです。耳鳴りに悩んでいる人の大半がこの「自覚的耳鳴り」です。

では具体的な耳鳴りの音について解説していきましょう。

耳鳴りの音の種類

●「シーン」とした音
極端に静かで音のない環境に置かれたときに起こる音です。耳の奥で「シーン」と聞こえるように感じます。生理的耳鳴りといって、正常な反応です。

●「キーン」「ジージー」という音
耳鳴りは「高音系」と「低音系」がありますが、高音系に多くみられる音です。自覚的耳鳴りで、時には複数の音が重なり合って聞こえ、片方の耳をふさぐと、音がさらに大きくなるという現象がみられることもあります。

内耳や聴覚神経の異常で起こる確率が高いです。

また、ジージーという音は老人性難聴のケースが多く高齢者に多くみられます。

金属音のように甲高く「キーン」と聞こえる場合は神経症である場合が多く、緊張やストレス状態が続いたときに起きることがあります。

●「ザーザー、ドクンドクン」という音
耳の近くを流れる血流の音である場合がほとんで、他覚的耳鳴りです。
脈拍のタイミングに合わせて音がします。

この音がする原因は、耳周辺の血管や血圧の異常が疑われます(顎関節症やあごの筋肉が腫れている場合もあります)。

また、高血圧の場合は両耳で聞こえ、血管に異常がある場合は片方の耳で聞こえるということがあげられます。

●「ゴロゴロ」「ゴソゴソ」という音
音というよりも、何かが耳につまったような音です。こうした耳鳴りがするときはメニエール病が疑われることがあります。

●同じ音の耳鳴りがいつまでもやまない
耳鳴りと同時に難聴やめまい、頭痛や吐き気がなどの症状があれば要注意です。早めに耳鼻科に行って診断を受けましょう。