メニエール病

メニエール病とは、中年女性に多く見られるめまいや耳鳴りをともなうこの病気です。耳鳴りは片耳だけにおこることがほとんどで、「ゴー」「ザー」という低音の耳鳴りがします。
めまいはかなり激しく、ぐるぐると早いスピードで回転するような感じで、目を閉じていても眼球がぐるぐると動くのが分かるほど強く現れます。
そのため、吐き気などの症状も出てきて、大変つらい状態になります。しかもこの発作が繰り返されるので、患うと生活にも大きな支障が出てしまいます

メニエール病の原因

メニエール病の直接の原因は、内耳が内リンパ水腫を起こし、内圧があがることだとされています。
しかし、なぜ内リンパ水腫が起きてしまうのかというと、アレルギー、血流不全、ウィルス、免疫の低下、ストレスなど、様々な要因が考えられているものの、その根本的な原因はまだ分かっていません。
また、この病気にも自律神経の乱れが関係しているといわれています。

メニエール病の発作は、ストレスを強く感じたとき気候の変化や、季節の変わり目低気圧が近づいたときなども影響することが知られています。
突然回転性のめまいの発作に襲われると、パニックになりかねません。患っている人は、気候と自分の体調を考えながら、行動することも大事です。

また、薬を使った治療でも対処することができます。使う薬は、めまいや吐き気を抑える薬、血行促進薬、ビタミン剤、利尿剤などが処方されます。
薬は予防の目的でも使えるものがあるので、メニエール病に心当たりのある人は早めに医師の診察を受けましょう。